海外で人気の蚤の市|手先が器用ならDIYに挑戦!オリジナル溢れるインテリア作り

手先が器用ならDIYに挑戦!オリジナル溢れるインテリア作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で人気の蚤の市

照明

おしゃれなデザイン

日本はもとより、海外ではより多くの蚤の市やフリーマーケットが定期的によく開催されています。掘り出し物も多く見つける事ができ、デザインの素敵なもの、価値の高いものが販売されており、目さえ肥えていれば格安で手に入れる事ができます。特にアンティークのものは、現代では作られない手法で製造されている事があり、それらを仕入れて日本に持ち帰り、高値で販売、取引をされています。グラスやカップ類、ランプシェード等照明器具、などのガラスや陶器類は、持ち帰る事にも大変気を使いますが、丁寧に梱包すれば、その繊細で美しいカットを日本に戻っても目の保養や、お気に入りの大事なものとして楽しむ事ができます。その種類、デザインは多様性があり、色もデザインもかなりこだわっています。また、イタリアのヴェネツィア辺りではガラスが盛んであり、こちらはアンティークではないものの、美しいカットと色、デザインでシャンデリアなどの照明器具、また雑貨など多く販売されています。

ウラニウムガラス

過去には生産、販売されていたもので現在は禁止となっているもののひとつにウラニウムガラス製品があります。これは生産の際に多量のウランを摂取する事を免れない為、健康対策としてある頃から禁止されました。しかし、ウラニウムの入ったガラス製品はなんとも言えずぼうっと素敵な色を醸し出し、一部のアンティークファンの間では高値で取引されています。もう現在では作られない為、希少価値となり、その値段は上がっていく一方です。例えばヨーロッパやオーストラリアなどのアンティークショップで一点物のランプシェードを仕入れ、日本で販売した時に、ウラン入りシェード一つで8万円程で販売されます。現代の照明器具の部品は使えず、アンティーク専用の電球が必要となります。また、シェード一つでは部屋を充分に照らす事はできないので、間接照明として利用されますが、デザインが素敵なものが多い為、一つあるだけで素敵な空間を演出する事ができます。